マンション購入においては、団体信用生命保険の加入が必要です

マンション購入においては、団体信用生命保険の加入が必要です
マンションを購入する際には、多額の資金が必要となり、多くの人々が住宅ローンを利用しています。
そのため、金融機関は、契約者が亡くなったり高度障害になったりした場合に備えて保険をかけています。
この保険は団体信用生命保険と呼ばれ、住宅ローンを借りる際には必ず加入することが義務付けられています。
ただし、既に個人で保険に加入している場合、保障内容が重複することがあります。
そのため、保険料を節約するために見直しを行うことができます。
参考ページ:団信|住宅 ローン 団 信 と は?団信加入後に生命保険は見直す?
団体信用生命保険(団信)とは
団体信用生命保険は、銀行が住宅ローンを提供する際に利用される保険です。
保険契約者や保険金受取人が債務者となります。
具体的には、住宅ローンを利用している借り手が保険の被保険者となります。
もし被保険者が亡くなったり、重度の障害を負ったりして、住宅ローンの返済ができなくなった場合、保険会社から保険金が支払われる仕組みです。
団体信用生命保険の加入は法律によって義務付けられています。
しかし、既に個人で生命保険に加入している場合、保障内容が重複する可能性があります。
団体信用生命保険のメリットとデメリット
まずメリットを見てみましょう。
団体信用生命保険の利点は、もし被保険者が重大な病気を発見したり、死亡した場合には、家族が住宅ローンなどの返済責任を負わなくて済むことです。
住宅ローンは多額の借金となることがあり、家族に負担をかけることが困難です。
そうした困難を避けるために、団体信用生命保険を利用することができます。