ルネサンスとバロック時代の帽子

ルネサンスとバロック時代には、帽子のデザインがさらに多様化しました。特に、フランスやイタリアでは、ファッションとしての帽子の重要性が高まりました。フェルトやベルベット素材の帽子が流行し、豪華な装飾が施された帽子が貴族の間で人気を博しました。また、この時代には、トリコルンハット(3つの角を持つ帽子)やバイコルンハット(2つの角を持つ帽子)など、独特な形状の帽子も登場しました。
19世紀の帽子
19世紀には、産業革命とともに帽子の製造技術が進化し、多くの人々が手頃な価格で帽子を手に入れることができるようになりました。シルクハットは、紳士の間で大変人気があり、正式な場での必須アイテムとされました。また、女性の間では、ボンネットや広いつばの帽子が流行し、花やリボンなどで華やかに装飾されました。”