下取りをおこなうディーラーは新車を売りたい

ディーラーが買取業者と比べて下取りに力を入れない理由の一つは、ディーラーの目的が新車を売ることにあると言えます。
買取業者は買い取った車を販売することが目的なので、車を買い取る際にも力を入れますが、ディーラー側は購入者が車を下取りに出さなくても問題ありません。
なぜなら、購入者が買取店で売却した場合でも、その代金は新車の頭金として使われるからです。
そのため、ディーラーは困ることはありませんし、下取りに力を入れる必要もありません。
下取りの場合、車の具体的な評価額がわかりにくい点も挙げられます。
買取であれば、売却した代金を直接受け取ることができますが、下取りの場合は、下取りの金額が新車の購入費用から値引かれるという形が一般的です。
具体的な金額は車の状態や需要によって変動するため、事前に明確にわかるわけではありません。