名古屋市中川区不動産売却

名古屋市中川区の特徴と不動産売却の流れ
名古屋市中川区は名古屋市の16区の中で2番目に人口が多い区です。
ここ数年、人口はほぼ横ばいで増加しており、不動産売却に関しても好条件と言えます。
不動産にはさまざまな種類がありますが、土地(空き地や空き土地)、空き家や中古住宅、中古マンション、田んぼや畑の農地、工場や工場跡地などがあります。
この記事では、名古屋市中川区の特徴や不動産売却価格の相場、そして不動産売却の手続きについて詳しくご紹介します。
ぜひご参考にしてください。
名古屋市中川区の特徴
まずは、名古屋市中川区がどのようなエリアなのか、その特徴をご紹介します。
中川区は名古屋市の中西部に位置しており、中川運河を含む7つの川が流れていることが知られています。
中川区の人口は2023年10月1日現在で217,934人で、世帯数は103,739世帯となっています。
これは名古屋市の16区の中で2番目に人口が多い区です。
名古屋市中川区には様々な魅力があります。
例えば、東部には「尾頭橋商店街」があり、毎年7月には中川区最大のお祭りである「中川金魚まつり」が開催されます。
このお祭りでは、横3m・縦1.5mの巨大な金魚の屋台が練り歩く様子が見どころの一つとなっています。
中央部には区役所や主要な官公庁があり、地下鉄高畑駅周辺は商業地域として発展しています。
また、荒子地区は前田利家公の生誕地であり、荒子観音寺という尾張四観音の一つと呼ばれる歴史的な名所があります。
特に、荒子観音寺には千体以上の円空仏と国の文化財に指定された多宝塔があり、多くの観光客が訪れます。
以上が名古屋市中川区の特徴です。
このような魅力を持つエリアで不動産売却をお考えの方は、次にご紹介する不動産売却の流れを参考にしてください。
参考ページ:名古屋市中川区不動産売却|土地・一戸建て・マンション売却査定
西部の特徴
西部地域は名古屋の西の玄関口として、注目されています。
国道302号線や名古屋第二環状自動車道などの主要道路が南北に走り、さらに東名阪自動車道、名古屋高速5号線、国道1号線などの幹線道路とも接続されており、交通の便が良いのが特徴です。
この地域は将来の発展が期待されています。
また、特筆すべき点として、西部地域は犯罪率が非常に低いことも挙げられます。
特に中川区では、犯罪率が0.56%と、全国平均よりも0.14%も低いレベルです。
このことから、中川区は治安の良い町と評価されています。
中川区では、「中川区安心・安全で快適なまちづくり協議会」という組織を中心に、公共団体や警察署などが協力し、防犯に取り組んでいます。
さまざまな取り組みが行われており、地域の安心・安全な暮らしを実現するために努力しています。
その結果、住みやすさや人気も高まっています。
中川区は、安全な環境で穏やかな暮らしを求める方にとって、魅力的な選択肢となっています。