名古屋市名東区不動産売却

名古屋市名東区の特徴と不動産売却について
名古屋市名東区は、名古屋市の東部に位置し、面積は19.45平方キロメートルで、名古屋市内の16区の中で6番目に広い区です。
名東区は元々千種区の一部であり、1975年に独立した新しい区として誕生しました。
この記事では、名東区で不動産を売却する際の情報を詳しく説明します。
不動産とは土地、空き家や中古住宅、中古マンション、農地、工場跡地など、さまざまなものを指します。
名東区の特徴や不動産売買の実績、相場について紹介するので、ぜひ参考にしてください。
名古屋市名東区の特徴
まず、名古屋市名東区の特徴について見ていきましょう。
不動産を売却検討している方にとって、その土地の特徴や歴史、魅力を知ることは、スムーズな売却のために重要です。
購入希望者は、家や土地を購入することになりますが、実際に購入するのはその先の生活です。
不動産を購入した後の生活像を具体的にイメージするためにも、様々な情報を収集しておくことが大切です。
名古屋市名東区の人口
名古屋市名東区の人口は、2023年10月1日現在で162,307人で、世帯数は77,325世帯です。
名古屋市の16区の中では、6番目に人口が多い区となっています。
1990年には152,519人、2000年には153,103人、2010年には161,012人と少しずつ増加してきました。
2017年には166,131人と最も多い時期を迎えましたが、その後は新型コロナウイルスの影響などもあり、人口が減少しています。
しかし、人口の減少はまだ不動産売買に大きな影響を与えるほどではありませんので、買い手を見つけることは依然として可能です。
名東区の歴史的特徴
名東区には古墳時代から江戸時代までに多くの神社や寺院が建てられています。
これらの文化財や歴史的な建造物は、名東区の魅力の一部です。
また、名東区の街並みには風格と伝統が残っており、日本の歴史と文化を感じることができます。
これらの要素は、地域の価値を高める要素となるため、不動産売買においてもプラスの影響を与えることが考えられます。
参考ページ:名古屋市名東区不動産売却|土地・一戸建て・マンション売却査定
名東区の魅力とは?
名東区には、貴船神社や蓮教寺などの人気の神社や寺院があります。
特に、貴船神社は縁結びや願いを叶えるご利益があるため、多くの参拝客が訪れます。
蓮教寺は高針の丘にあり、子どもたちが遊んでいる様子から地域に溶け込んだ寺院として評価されています。
名東区では、これらの神社や寺院を巡りながら散歩することができるコースも設定されています。
たとえば、高針・牧野池コースでは、古い町並みの中にあり広大な牧野池があり、四季折々の景色を楽しむことができます。
他にも、柴田勝家コースや香流川コースなどがあります。
名東区は自然や歴史を感じることができるエリアとして、魅力的な観光スポットがたくさんあります。
住みやすい名東区
名古屋市の多くの区が「住みたい自治体ランキング」にランクインしていますが、名東区も第5位にランクインしています。
特に、名東区の地下鉄東山線「本郷駅」周辺は、静かで住みやすいと注目されています。
子育てをする方には、託児所や児童館、学習塾などの便利な施設があります。
また、名古屋ICからも近く、車での移動も便利です。
名東区は名古屋市の東端に位置しているので、都会の喧騒から少し離れた場所です。
そのため、静かで穏やかな環境を求める方には非常にオススメです。
さらに、近くの長久手市には万博記念公園などの自然を感じられる場所もあり、リフレッシュすることができます。
名東区は、住みやすさが評価されているエリアなのです。