東南向きの住戸の間取りの選び方

東南向きの住戸の間取りの選び方
日当たりや朝日のポイント 東南向きのマンションのリビングは、一般的に東南に位置しています。
寝室として使う部屋も東南側に欲しいかどうかは、間取りの選び方の重要な要素です。
例えば、朝日を浴びて目覚めたい場合には、寝室として利用できる部屋が東南側に設けられている間取りが適しています。
一方、休日にゆっくりと寝ていたい場合には、東南に面していない部屋を寝室として使える間取りが合っています。
一般的な3LDKの間取りで多いのは、横長リビングと縦長リビングです。
横長リビングは、間口いっぱいにLDが設けられているため、LDには日差しが入りやすくて明るいという特徴があります。
ただし、東南側に寝室が設けられていない場合は、日当たりが良い寝室を希望する人には適していません。
また、全室が横並びの間取りで、LDや他の居室が広く設けられているマンションは限られています。
東南向きのマンションは、朝日が入って日当たりがよく、日差しが入る時間も比較的長いため、日当たりを重視したい人におすすめです。
特に、高層階の南向きマンションでは、日当たりが過度に良くなり、室温が上昇しやすくなることが懸念されます。
一方で、東向きの場合は、午後の暗さや冬場の寒さが気になることがあります。
日当たりの良さをマンション選びで重視する場合は、日当たりのバランスが良い東南向きの物件も検討してみましょう。
具体的な間取りについて言及すると、縦長のリビングの場合は、奥まで光が十分に差し込みにくい傾向があります。
しかしながら、多くの場合、リビングには隣接している居室がありますので、東南向きの寝室を確保することができます。
東南の方角に寝室があると、朝日で目が覚めることができますし、明るい空間で過ごすことができるでしょう。
また、窓の高さも室内への日の入り方に影響します。
窓を高く設置することで、上方からの日差しが室内に入りやすくなります。
参考ページ:東南 向き マンションは日当たり良好なの?メリット・デメリットを解説
逆梁アウトフレーム工法による物件は、ハイサッシを取り付けることで室内に充分な光が射し込むことができます
逆梁アウトフレーム工法を採用している物件では、建物のフレーム構造に特殊な梁を使用しています。
この特殊な梁は通常のフレーム工法とは異なり、外側に突き出ている形状です。
そのため、この工法によって建物の外壁に高さ2.2m以上のハイサッシを取り付けることができます。
ハイサッシとは、窓の上部が通常よりも高く設置された窓のことを指します。
逆梁アウトフレーム工法を採用している物件では、このハイサッシが取り付けられています。
ハイサッシは、通常の窓よりも上まで広がっているので、室内により多くの光を取り入れることができます。
その結果、室内は明るく開放感のある空間になります。
逆梁アウトフレーム工法を採用している物件は、光の利用に優れていると言えます。
高さ2.2m以上のハイサッシを取り付けることで、室内に光がたっぷりと射し込むことができます。
そのため、室内は日中でも自然光で明るく、人々が快適に過ごすことができる環境が整っています。
また、光の利用によって視覚的な広がりも生まれるため、室内がより広々と感じられる効果もあります。
逆梁アウトフレーム工法によって可能な高さ2.2m以上のハイサッシの取り付けにより、建物内部には大量の光が入り込むことができ、室内を幅広く照らすことができるようになります。
このため、日中でも人々が明るさの中で快適に過ごすことが可能です。
また、光によって得られる視覚的な開放感もあり、室内の広さをより大きく感じることができます。
逆梁アウトフレーム工法による物件では、高さ2.2m以上のハイサッシが取り付けられ、室内には十分な光が射し込んでいます
逆梁アウトフレーム工法を採用した建物では、特殊な梁の配置により、外壁に高さ2.2m以上の大きな窓であるハイサッシを取り付けることができます。
このハイサッシは、室内に自然光をたっぷり取り込む効果があり、明るく快適な居住空間を実現することができます。
逆梁アウトフレーム工法によって建物の外壁に取り付けられるハイサッシは、通常の窓よりも大きく、より多くの光を室内に取り入れることができます。
そのため、室内は明るく照らされ、開放的な雰囲気が演出されます。
また、自然光の豊富な環境は、人々の心地よさや健康にも好影響を与え、快適な生活を送ることができるでしょう。
逆梁アウトフレーム工法を採用した建物では、高さ2.2m以上のハイサッシが設置されています。
ハイサッシは通常の窓よりも大きく、建物内部により多くの光を取り込むことができます。
それにより、室内は十分な明るさを保ち、光が行き届いた開放的な雰囲気を作り出すことができます。
逆梁アウトフレーム工法を採用した物件では、高さ2.2m以上のハイサッシが設置されています。
ハイサッシは通常の窓よりも広範囲にわたって光を取り込むことができるため、室内は明るく開放的な雰囲気を持っています。
このような環境は、日中でも人々がリラックスして暮らすことができるだけでなく、視覚的な広がりや快適性をもたらします。