車の色褪せは普段から防止する

車体や車内の色あせは、注意が必要なポイントです。
車を保管する場所によっては、色あせが起こる可能性があります。
色あせの主な原因は、紫外線や酸性雨、鳥の糞、水垢などです。
特に紫外線は、塗装を傷つけて剥がれることがあり、車体の錆につながる可能性があるため、注意が必要です。
できるだけ屋内や屋根付きの駐車場に車を保管したり、車専用のカバーを使用したりすることが重要です。
また、車内でもダッシュボードやシートなどは日光にさらされると色あせや劣化の可能性があるので、車を屋外に駐車する際にはサンシェードを使用するなどの工夫が必要です。
車体に傷がついてしまった場合には、小さな傷であっても自分で無理に修理する必要はありません。
査定では専門のスタッフが行い、車体全体をさまざまな角度から目視し、手で触れて確認します。
そのため、傷がある場合には査定スタッフが見落とさないようになっているので、自己修理せずにそのまま査定を受けることが重要です。